» 2010 » 12月の記事

いつも、私のつたない「つぶやき」にお付き合いいただきまして、ラブラブ



本当に有り難うございました!クラッカー

今年はとても忙しい一年間でした。叫び

2月は熊本市動物愛護センターへ視察に行き。

5月はめいてつ・エムザでの 5回目の 「猫のパネル展」。

その後、 HPの完成。

10月には、初めての 「会報誌」 を作成、配布。

そして、東京都 練馬区 での

 「飼い主のいない地域猫の推進のむけて」を視察。



と大雑把の取り上げてもこれだけありました。



「不幸に産まれてくるいのち」を減らしたい!パンチ!



「人と猫とのより良い環境つくり」を目指したい!ネコ





今は、少しでも 一人 一人 地域の方々に話しかけ・・・



子供たちにも 「共に命」 の大切さ を語りかけています。



そんな仲・・・・虹



5歳児 と 3歳児 の子ども達の 「心便り」の俳句 を

紹介いたします。

なにげない、普段着の句です。黄色い花ハチ



「もみじさん、きれいなスカート すてきだな」・・・・もみじ



「とけいさん、よるもやすまず せいいっぱい」・・・・星空



「ストーブは、あったかくて いいきもち」・・・キラキラ    

      5歳男児より  





「うみのみず、のむとからいぞ うめぼしだ」・・・波



「どくきのこ、いっぱいたべると しんじゃうよ」・・・オバケ



「かめむしは、びっくりしたら おならする」・・・天使  

      3歳男児より



何でもない子供の句なのですが、

良ーく 自然を見る 観察力が・・・・ 

大人の話を 聞いてないようで・・

子供は ちゃんと知っている!!



皆様良いお正月をお迎えください!!

クリスマス 12月25日に 捕獲して゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

避妊手術 を終えた 2匹の メス猫(サビ柄)はにゃー

連絡では、倉庫の一角で 念のため1週間ていどチョキ 
養生してもらい、

お天気の良い日に晴れ 元の場所の戻される 
とのメールが来ました。

金沢はクリスマス 前後から 雪が降り 雪心配しておりましたが、
安心いたしました。('-^*)/

同じ日に保護された 子猫2匹 (2ヶ月くらい) 
キジトラ?サバトラ?

まだ、写真が届いていなくて 確認していませんが、ネコ足あと

貸し出し しました ケージにて

人馴れさせて 里親募集 をいたします。
(無事決まってくれます様に)クローバー

そして、今日(28日・火曜日)

2回目の 捕獲で とても警戒心の強い 成猫のメスにゃー 
(サビ柄)1匹と

子猫(3~4ヶ月くらい)ネコ オス・赤トラ 1匹が捕獲されました。

成猫のメスの手術日は 29日・水曜日 と決まりました。

年内は 年末の為 動物病院がお休みに入りますので これで 

一旦終わりとします。( ̄ー ̄;

まだ、成猫 2匹くらい?・子猫 3匹くらい?目
いるそうです!

年が明けても、まだまだ続く TNR!!(・∀・)

猫たちをなんとかしたい と願っている合格

町民・・市民の方々の お陰様とあせる

大きな協力に 感謝! 感謝!!!! です。 


みけねこさんのつぶやき-庭木のイルミネション
クリスマスが済んでも・・・


みけねこさんのつぶやき-さび猫です。
我が家の「サビ猫」・・サビ猫は必ずメス・・

外の猫たちは・・必死に・・いまを耐えて生きています!!

多くの方々の理解と協力を望んでおります!

★次回は 他の地域で 話かけている 
「のらねこ」たち の件が 

進みましたら、ご報告させていただきます。

(正月あけ位でしょうか??)

私の大好きな絵本作家 「いもと ようこ 先生」が

金沢へおいでます!!

12月29日から2011年1月6日まで

200点余りの絵本、原画展があります!

いもと ようこサイン会は

2011年1月3日(月) 午前11時~

午後2時~ の2回ありますよ!!

場所は金沢市武蔵町の めいてつ・エムザ 8階催事場。

私が「いもと ようこ」先生の絵本を知ったのは、3年程前。

書店にて「ずーとそばに」という絵本に

出会ったときからです。

この絵本は 森の熊さん のお話しで、

心優しい熊さんと 森の動物たち との心温まる物語です。

森に食べるもの(餌) がなくなり、

小さな動物たちがお腹をすかし このままでは死んでしまう。

熊さんは 決心をして 山をおり

人間の近くの 柿の実を・・・

みんなのために 取っていると、・・・

「ずどーん!」と 鉄砲で撃たれ、・・・

傷を負いながらも みんなに柿の実を 山へ運んだ。

力尽き熊さんは 死んでしまう。

お腹をすかせていた 小さな動物たちは 熊さんに駆け寄り、

「熊さん、死なないで!」

「今度は、僕たちが熊さんを暖めてあげる!」

「熊さん!ずーといっしょだよ!」

「ずーと・・ずーと・・いっしょだよ!」

熊さんと 動物たちの上に 雪が 降り積もり・・・・

という内容の絵本でした。

丁度そのころも、

現在と同じく 多くの熊の餌 がなく

人間の棲む近くまで出てきて 駆除される・・・

この 「ずーとそばに」 の絵本を読んだ時、

私は 涙がとまりませんでした。(猫たちとも重なりました。)

絵のタッチも 内容も素晴らしく 

多くの子ども達に読んでもらいたい!!

そんな想いでこの 「ずーとそばに」 の絵本を

金沢市の保育園へ寄贈させていただきました。

子ども達にも、大人たちにも愛される

「いもと ようこ」ワールドの世界にきてみませんか?

 

金沢市めいてつ・エムザにて・・ありますよ!

可愛い絵本ばかり・・

どくとくの 絵 のかきかた・・・

昔話 もいっぱい・・・・

猫たちも・・ 可愛い・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

   2010年12月20日発売の

「月間 Clubism」 クラビズム 1月号 

 “連載 巷で話題の気になるニュースを

『Clubism』が調査

  第2回 ペットブームの影に潜む、

殺処分される犬猫の現状とは。”

と題して

私たち 「猫の避妊と去勢の会」

 「石川アニマル・フレンズ」

取材を受けそれぞれ出ています。

いろんな方面から・・

いろんな角度から取材された方々が

私たちそれぞれの話を聞かれ

取材者自身の思いを述べられ、

報道されることは ” 読者”の多くの皆さんに

知っていただくとても良い機会だと思っております。

今、 全国的に 殺処分されるために産まれる

「小さな命」を 救おうと

犬・猫に 不妊手術 を行なう

殺処分を“ゼロ”にする取り組みが増えてきています。

特に、猫に関しては TNR 

 (捕獲して・・手術して・・元に戻す)

そして耳先Vカット (不妊手術終了の目印)。

地域で 人と猫と 共に暮らし、

子ども達と猫たちとの良い環境つくりを目指します。

そこに棲んでいる

「猫」の生き方をみれば

その「地域」のことが

「命」の 関わり方が分かります。

空前の ペットブームの中で

ひっそりと 「死んでいく猫」たち。

いまのこの世の中の有り様を

「猫の生き方」 から 読み取ることができます。

クラビズムには、石川県民の意識調査も出ていますよ!

見開きのページです!

「殺処分ゼロにする」・・「地域猫」・・

貴女も、1月号の“クラビズム”を

読んでみてくださいね!!

きっと・・理解できますよ!

 

 

12月18日(土曜日)朝10時30分から、

石川県金沢市内の保育園にて「紙芝居」をしてきました。

園児・・(未満児・年少さん・年中さん・年長さん・・)

そして保護者の方たち。

園児は80名 保護者は100名とお聞きいたしました。

保育園のホールには沢山の園児と保護者の方たちで一杯です。

「おはようございます」と大きな声で迎えていただきました。

自作の《共に生命 嫌い?ボクのこと》と題した紙芝居が始まります。

その前に子ども達に

「生き物を飼っている人はいますか?」と質問・・・

すると 「さかなを飼っている」

「めだかを飼っている」と・・

水槽での生き物を飼っている家庭が多かった。

これには少しビックリいたしました。

紙芝居は、だいたい15分から20分程度です。

(園児たちには、これ以上の時間は無理です。)

最後の一枚・・問いかけのところで・・・

「さあー みんなの前にダンボール箱が出てきました。

みんなならどうするか お話してください?」

と質問いたします。

子ども達は可愛いですよ!

そして、しっかりしていますよ!

一番先に手をあげてくれた子は5歳の男の子。

こんなに多くの皆さんの前で

手を挙げることができるのは「勇気」がいることです。

「ボクは中に猫がはいっていたら、かわいがる!」

そんなことを云ってくれます。

大人はなかなか手が挙がりません。

言葉もでてきません。

(私も逆の立場になったら手も挙がらず、言葉もでないかもね!)

その男の子の「発言」がキッカケで、

他のこどもたちもお話しをしてくれました。

園児たちは11時で退場、昼食となります。

保護者の方たちにはその場に残っていただき、

私のお話『いのち』について

のお話を聞いていただきます。

約40分ていどですが・・・

今まで、多くの子ども達から聞いた言葉・・(SOS)

実際に身近で起こったことなど・・

猫 の いのち を通して・・

「共に生きること」 等を お話しさせていただきました。

捨てるのは 大人・・

 大人の背中を見て 子は育ちます。

「生命は大切、尊ぶべき物」 

人が一番忘れてはいけない“心”

《支えあう心 と 助け合う心》

どんな生き物も

今 を 必死に生きている。

生かされている 多くの 生命 が等しくある。

 

多くの皆さんに迎えられました。 

「生き物を飼っている子は?」 

 きんぎょ・・めだか・・

動物の写真を見てもらいます。 

「お祈り猫」も登場です。 

始まり・・はじまり・・ 

親子で真剣に・・・・ 

おばあさんのお説経・・・ 

「ダンボールの問いかけ、5歳の男の子」 

「3歳の女の子も・・・」 

保護者だけで・・・ 

 皆さんに聞いていただきます。

 「共命鳥」

結構真剣にお話いたしましたよ! 

最後は折り紙で・・犬・・猫・・を作ります。 

 

  
左目ブルーです。     後姿・・白多めのみけねこさん
里親さん決定 金沢市土清水のTさんです。
これからも長いお付き合い宜しくお願いいたします。
 
生後2ヶ月半すぎ  メス  保護時風邪気味でした。
殆どなおりましたが 少し結膜炎とくしゃみ症状あり。
 
左右の目の色が違う チョット変わった可愛いみけねこさん
ノミ、ダニ、回虫 なし、エイズ、白血病(-)です。

覚えていらっしゃいますか? 10月1日アップ

いたしました、

「捨てられ続けられる子猫たち!」の その後です!!

生後2週間 たらずで・・

まだ、目も開いたか、どうかの子猫たち 6匹!!

9月30日に 「遺棄」 され、

保護者宅で、ミルクやり (日に4回)、

ウンチ も オシッコも 人間の手でお世話いたします。

1ヶ月 過ぎれば、そろそろ 離乳食。

この頃から少しづつ 紙砂 で トイレトレーニング。

でも まだまだ・・人間のお手伝いが 必要です。

2ヶ月 になれば、

検便、エイズ・白血病、耳ダニ、ワクチン と

動物病院通いが出てきます。

保護時 が あまりにも小さい為、

最初は、ノミ、ダニ だけを先に 済ませました。

なかでも1匹 だけは あまりにも 小さすぎて、

動物病院で 面倒をみてもらっていましたが、

4日後 には 小さな・・小さな 天使 となりました。

2ヶ月まで 無事に育った 5匹の子猫たち!

(サバトラ、キジトラ、茶トラ、グレーで鼻白、グレー色) たちは

ブログ で 新しい飼い主さん探し が始まります。

お見合い をしてもらい、順番 に決まっていきます。

時間がかかっても 「猫たち」はお届けに伺います!

そんな風に 幸せになった猫たちです。

でも、こんなに恵まれた猫たちは 「ほんの一握り」 です!

★私たちの「会」は 『不妊手術を進める活動』 を行なっております。

★「遺棄」することは 犯罪だという 活動も

   「パネル展」 を 通じて行っております。

★また、子ども達に 『命の大切さ』 を知ってもらう為にも、

 自作 の 「紙芝居」 活動 も行なっております。

どうか、ブログをご覧になってくださいました皆様、

十分なご理解と「今の自分に出来ること」 を少しでも“輪”を

広げてください!

紙袋に入れられて・・「遺棄」

 

6匹の命です!



 女の子組(一番左の子が天国に召されました)



 

男の子組(とても、やんちゃに育ちました)



 

 サバトラ オス

キジトラ メス



 グレーの鼻白 メス

 

グレー色 オス



 茶とら オス

 皆・・みんな・・《命》です!!

 人間が身勝手に 捨てたり 殺処分 している現実を 

 真剣に考え 行動に移さなければなりません!

 《共に生命です!》

12月14日(火曜日)

グレーちゃんのお届けの日です。

T さん宅の新しい家族と初対面いたします!

夕方5時30分に T さん宅へ到着。

子猫は「ニャーニャー」鳴いています。

「大丈夫!優しい家族のところへ着きましたよ!」

待っていられた T さんに招かれてお部屋へ・・

もう、ちゃんと猫グッズが揃っています。

とっても元気者のグレーちゃん。

すこしも「ジット」しておらず、大好きなオモチャのねこじゃらし!

猫ってこんな物が大好きですよ!

フカフカのベットも用意されており、

我が物顔で飛び回ります・・疲れを知らないかのようです。

お名前も「レオン」ちゃんと決まってました!

良かったね!!

先住猫の真っ黒い猫ちゃんは10才で小さな“星”となりました。

写真も見せていただきました。

「ありがとうね!レオンちゃんを見守っていてくださいね。」

そう・・心でつぶやきました。

奥様は「オカリナ」の奏者だそうです。

「レオン」ちゃんも少しは落ち着きますかね・・・?

 

 あまりの動きにピントもずれます!!

 やっと、カメラ目線に「ジー」と・・爪とぎのうえで・・

 でも・でも・・ねこじゃらしが・・・

 保護主さんに抱かれて・・最後のお別れ・・分かってないね!!

 あまりの動きに 「ひょい」と・・・

 玄関を出入りするときにはいります。外はダメよ!!

ねこじゃらしで・・よいよい・・と 

 激しい動きで・・・

 遊びます。

 まだまだ・・・ね!

 ちょっと私の懐で・・・落ち着いて・・???

生後3ヶ月すぎ・・遊びたいさかりですよ!! 

 あれは なーに・・・?

最後まで 自分流・・もう 家族です。 

 

 

12月7日から小松市民センターで始まりました

「猫のパネル展」!

21日までの長丁場になりますので、

12日(日曜日)は朝から一日行っておりました。

この日は第5回目《大正琴の集い》

小松会創立10周年記念の開催日です。

午前10時を過ぎたころから大正琴を抱えた方々が大勢来られました。

開演時間が13:00から、

皆さん早めの昼食を済ませ日頃の練習の成果を発表されます。

素敵な衣装に着替えられ緊張の時を待ちます!

その合間に「パネル」を見てくださる方。

演奏が終わり記念写真におさまり、親戚、友人たちと会話。

そんな「ホッ」とされた時間帯に

『動物愛護管理法の改正を求める請願署名』のお話しと

今の動物達のことを聞いていただき関心を持っていただきました。

そして、ここ、小松市の芦城公園の猫たちに

避妊・去勢手術を済ませ、

その目印として耳先にVカットをしたこと・・

など等を話します。

また、嬉しいことに

私を訪ねて、男性の方が会いに来てくださいました。

私のことを「新聞などでよーく知っています。一度会いたかった!」と。

色々なところでの猫との係わり合い・・

初めて会った方のようにはおもえず、本当に話し込んでしまいました。

わざわざ私みたいな者に会いに来て下さる・・

感謝の一言につきます。

本当に有り難うございました!

そして、多くのご縁を大切にしたいと思っております。

 

署名のご協力・・ありがたいです。

署名のお願い!!

皆さんに書いていただきました。

ご自由にどうぞ!!

華やかに・・綺麗です・・でも、緊張!!

お花も届きました!!

やっぱり・・華やかです。

 

「有り難うございます」

猫のサンタさんも頑張ってます!!

可愛いでしょ!!

パンフレットを真剣に呼んで・・

環境省のものです。

特に、ここを呼んでおられました・・

パネルをみながら・・・

わざわざ、お出でになって下さいました。

若いカップルも・・・

記念写真に納まって・・・

綺麗な方ばかりです・・・

ジーと読んでくださいました。

 

 
 
児童館で保護されました。
キジトラ オス 3才くらい 皆に可愛がられゴロゴロ喉をならす 
お利口で甘えんぼうな猫ちゃんです。
お陰さまで、1月23日里親さん決定いたしました。
 
去勢 済み  ノミ、 ダニ、 耳ダニ、 検便 異常なし。
エイズ、白血病(-)  ワクチン 1回済み

カレンダー

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページ