» 2011 » 2月の記事

「犬と猫と人間と」の映画は多くの皆さん方が

ご覧になりました。



 



また、今回の自主上映の後、
 
 
感想を書いていただきましたので、


 
少しだけ原文そのままで掲載いたします。



 

☆「どこから手をつけていいのか、正直悩んでしまいます

が、黙っていては変わらないので、出来る事からやらない

と!と改めて思いましたし、

“気合い”を頂けました。」

 

☆「小さな子猫や子犬がぎせいになって行くのは

見ていられなかった。人間のざんこくな所を

かい間みた感じがしました。

一方でこういう不幸な動物達を助ける人に感動しました。」



 ☆「まずは、本日、

この映画をみることができたことに感謝、

ありがとうございます。

“いのち”は動物(ペット)も人も変わらない。

そして、その命を思いやり、自分のやれること、

続けることができることを

一つでも行動することが大切かなと思いました。

そんな行動を地道にひたむきに、

心を込めてやっている映画に出てくる人たちに

感動しました。しかし、

人は今の生活をすべて変えることは難しい。

最後に獣医の老先生が言われていたように。

平和で豊な世界をつくっていくことが重要であって、

人間はいろいろなもののうえに

成り立っていることに感謝して日々の生活をしていくことが

再認識させられました。

また、若者の希望あふれる

心あたたかな行動にも感動しました。

心変われば・・・。」

 

☆「とても難しいテーマ・思いテーマのものを未来に

希望がもてるような作り方でできていて、

今すぐ私が何かできるかはわかりませんが、

今後自分なりに考えていきたいと思いました。

おばあさんに映画を観ていただきたかった・・・。

本日は上映ありがとうございます。」



 ☆「様々の動物が

あまりにも人間本位で処分(殺害)されているし、

利用されていると思います。

生命に対する軽さは、

結局人間同士へと巡っているようで、

恐い社会になっています。

反面、映画の中に存在した

暖かい人々もまわりには沢山います。

人間の不思議であり、

気味悪さを私も持っているにちがいありません。

なんとか暖かな国にしたいですネ。」

 

☆「人間としていろいろ考えさせられました。

私も自分自身を見つめ直してみます。

私は特に動物は大好きではないけれど、

私たちと同じだと思っています。

そして、今から私の出来る事始めてみます。」

 

一人のおばあさんの依頼で・・・

「犬よ猫と人間と」の自主上映

監督と猫と・・・

捨てられた子猫・・・

ボランテアによる捕獲作業・・・

不妊手術のための捕獲です。

胎児を取り出すときは、私達も悩みます。

「ごめん・・」この世の中に生まれさせなくて・・

犬も飢餓状態になると、子犬を食べます。

マルコブルーノさん

母犬が我が子の死体を穴に埋めたそうです。

環境省は、2009年度から9年間で

犬猫の殺処分数の半減を目標に

各自治体の収容施設・譲渡施設の

改善を目指している

この作品を

稲葉恵子さんと

ここに登場し

処分された

犬と猫たちに捧げる

一生懸命感想を書いています。

お寺のいろんな場所で書かれています。

心を込めて真剣に書いてくださいました。

本当に皆さん、有り難うございました!!

 



石川県石川郡野々市町

 常賛寺さんにおいて



「犬と猫と人間と」の自主上映会を行いました。



一人の方の呼びかけで、



「NPOこどもみらいプロジェクト」

「39アース」

「旅カフェ.com」



「日本熊森協会」



「猫の避妊と去勢の会」



「にゃんぷく」の6団体が参加いたしました。



このお寺さんでは、



《お寺でシネマin常賛寺》として月1回



見逃した映画:



懐かしの映画:



名前さえも知らない映画:



等 とっておきの映画を選んで、



大きなスクリーンで観賞します。



私は地元にいながら、



まったく存じませんでした。





 今回の上映会では、私達のパネルも展示。



スケジュールは14:00から



日本熊森協会による「ドングリマンショウー」





15:00から上映開始



17:00からお話し会となっております。



初めはどれだけのお客さんが来てくださるのか



内心心配しておりましたが、



ぞくぞく集まってくださいました。



(お寺さんが一杯になりましたよ)



隣同士知らない方々ばかりですから、



仲良くなっていただくために



ワークショップ(参加形学習)を行います。・・・



初対面の方と自分を自己紹介して



仲良くなるというものです。



これには、決まりがあります。



1.名前



2.住んでいるところ



3.犬又は猫を飼っている



を聞いていきます。





私はお寺さんの奥様とワークショップ致しました。



知らない方を知るチャンスです。



会場は和気あいあいとなりますよ。



続いて熊森協会による「ドングリマンショウ」



子供も・・大人も・・



笑いの中にも



山の生き物のことがよーく分かりました。





次は、この場をお借りいたしまして、



6団体が各々自己紹介いたします。



「旅カフェ」さんの美味しい飲み物・・・





 「NPOこどもみらいプロジェクト」・・・





 「ありがとうダン」のこと・・・





「猫の避妊と去勢の会」・・・



「39アース」・・・



そして映画の上映が始まりました。





 「犬と猫と人間と」・・・





私は今回で3回目となります。



何度みても考えさせられる。



そして、



人間とは・・と・・



今、現実に処分され続けている



犬・猫たちのことをなんとかして、



変えなければ・・



活動しつづけなければと思っております!

 

常賛寺:大きなパネルです。

スタッフたちと・・

パネルも用意されて・・

ファー反対!!

NO.毛皮!!

ワークショップ

お互いに名のりあいます。

常賛寺の奥様と。。

ドングリマンショウ

ドングリマンです。

山の生き物たち

旅カフェ

こどもみらい・・・

ダンのこと・・・

猫の避妊と去勢の会

39アース

 

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

ページ