» 2011 » 11月の記事

NPO法人「福井犬・猫を救う会」が

http://www.fukui-dogcat.com/

 《野良猫問題の解決を目指して》と題して11月19日講演会を開いてくださいました。

講師には、新宿区保健所衛生課管理係の高木優治さん:

福井県健康福祉部医薬食品・衛生課企画主査の盛戸正人さん:

(社)福井県獣医師会会長、柴田動物病院院長の柴田晴夫さんの

3名の方がお話されました。

新宿区保健所の高木優治さんとは昨年練馬区へ

行ってきましたご縁でお電話での付き合いがありました。

面識はなかったのですが電話でいろいろと

ご指導いただいておりましたのでお会いできとても嬉しかったです。

『新宿区の地域ねこ対策について』の講演では

本当に初心者にも判りやすい内容で話され、

●「どうすれば解決するのか?」

●「なぜ地域で取り組みをするのか?」

●「なぜ、去勢不妊手術をするのか?」

●「地域ねこ対策を進めるうえで、

餌やり禁止 は なぜだめなのか?」

●「なぜ、行政がかかわるのか?」等を行政の立場から話されました。

質疑応答で老婦人が手をあげられ

「自分のところに数匹のねこがいる。」

「餌やりで増えたり、他の人がねこをお置いていく」

「糞のしまつをいているが、向かいのおすし屋さんが

ねこの糞をお宅のねこの糞だから・・と玄関に置いていく」

等など話されました。

お答えは「一人では大変です。」

「協力してくれる方たちを探し一緒にされたほうがよいです。」

「ねこがおすし屋さんで糞をするのは安心できる環境があるから」

「水をまいた後、お酢を少しまいておくと良い」

「ねこは酢の臭いが嫌いだから」等など教えてくださいました。

これらのことはボランテアをしている方なら知恵として分かっているのですが、

一般の方々にはまだまだアドバイスが必要なことなのですね!

これら 「五つの●」 についてはまた、書いていきます。

 ユー・アイふくい(福井県生活学習館)にて

NPO法人 福井犬・猫を救う会の代表 

 新宿区保健所 高木 優治さん

 福井県野良ねこ対策事業

 企画主査 盛戸 正人さん

会場は熱気で暑かったです! 

   

  

 

 

 

沢山の犬たちが悲惨なめに遭っています!

nekomarutanさんのブログで知りました!

http://ameblo.jp/nekomarutan/

この犬たちの救出には《ケンの家神奈川本部》さんが

http://ameblo.jp/maro116/entry-11083962844.html

入ってくださいました。

ブリーダーによって600匹もの繁殖犬がいるそうです。

皆さんはペットショップから「犬・猫」を買われるとき

「この仔の親は?」

「どんな環境にいるのか?」

「年に何回出産させられているのか?」

親元から店頭に展示されるまで、どんな風な仕組みに

なっているのか気になりませんか?

是非、ブリーダーによる今の「日本の現実」を

見て考えてくださいませんか?

もの云えぬ「犬猫」たちのために・・・・

今の「貴女に出来る事」を考え行動に移してくださいませんか?

 

 

   

 

 

 

「ねりまねこ」さんのブログにパブリックコメント

 http://ameblo.jp/nerimaneko/

の情報がでていました!

《財団法人どうぶつ基金》が

http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/

『2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可』

となっております。

※この記入フォームは内閣府承認団体である

公益財団法人どうぶつ基金が制作管理しています。

5年に1度しかないチャンスです!

是非みんなで環境省に意見を送付いたしましょう!!

 

どうか宜しくお願いいたします!

皆さんのお力が、ねこたちを救います!!

 

 

   

 

仮名 ちゃちゃ丸君 オスです。ロン毛の可愛い茶とらです。

生後2ヶ月。少しだけ臆病かな?それも個性ですね!!

  

ノミ、ダニ、回虫なし。コクシジュウム(-)。エイズ白血病(-)

宜しくお願いいたします。

    

●里親さん決定:金沢市のTさんに決まりました!!

 お名前は「ちゃ丸」ちゃんです。

 終生幸せに宜しくお願いいたします。

アメブロの「ねりまねこ」さんのブログから転載いたします!

《動物の愛護及び管理に関する法律》の改正が

5年に1回の見直しができます。

来年:平成24年がその改正の年です。

良い法律に改正できることを願っており、

今年は署名運動にも多くの皆さんに参加していただき

厚く御礼申し上げます。

また、今回「環境省」が

多くの方々からパブリックコメントを

募集いたしております。

「ねりまねこ」さんのブログで呼びかけておりますので、

『良い法律改正』とできるよう頑張りましょう!!

 

http://ameblo.jp/nerimaneko/

 

 

キジトラちゃん:メス        黒ちゃん:メス

 

生後1ヶ月半くらいの「姉妹猫ちゃん」です!とても可愛いです。

あどけない表情に癒されます!!

  

ノミ、ダニ、回虫なし。 終生飼育宜しくお願いいたします。

    

●里親さん決定キジトラちゃん=小松市のNさん命名ぽんずちゃん

●里親さん決定:黒ちゃん=小松市のKさんです。

どうか今後とも宜しくお願い致します!!

  

「仔猫がほしい!!」

「オス猫の仔猫」と電話をいただきました。

猫を飼うにあたってイロイロ諸条件をお聞きいたします。

ご家族構成、現在猫を飼っているのか?等など。

「金沢の保健所から2ヶ月のオス猫をもらい、

現在7ヶ月」

「去勢手術はまだしていない。」

「1才まで大丈夫と言われている。」

「1週間前にメスの生後2ヶ月をもらった。」

「オス猫が仔猫に噛み付いている。」

「仔猫は恐がっている。」等など話されました。

そこで、アドバイス。

「3匹目は必要ないんでは?」

「7ヶ月のオス猫の去勢手術が先ですよ!」

「オス猫が仔猫に噛み付くのは自分のテリトリーに

よそ者が入ってきたので、ストレスで噛み付くのでは?」

「3匹目を考えず、

2匹が仲良くなれる環境つくりをお願いします。」

「どうしても3匹目を考えているのなら、

金沢の保健所で貰ったら?」

「保健所には3匹はダメといわれている。」

「貰われないんなら、家で仔を産ます。」

「今までに猫13匹飼っていたことがあるから・・・」

この様な人間が不幸な猫を増やしていく・・・

とにかく仔猫が好き・・・

大人の猫になるとまた仔猫が・・・

どうしようもない人間のようにおもわれるが・・・

アドバイスをさせてもらい、丁寧にお断りいたしました。

公の機関:保健所で仔猫を譲渡するときは、

避妊・去勢手術を済ませてから

猫の譲渡をお願いしたいものです!

他の地方自治体では

猫の体重が1㌔又は生後2ヶ月ていどで

不妊手術を行っているところもあります。

金沢市の保健所も

ソロソロ考えていくべきではないでしょうか?

   

 

 

 

 

  

キジトラ君:「オス」生後3ヶ月となりました!臆病な仔猫がとても

人馴れいたしました!可愛い盛りで遊びが大好きな猫ちゃんです。

どうか、宜しくお願いいたします!

  

ノミ、ダニ、回虫なし。ワクチンも1回済みました。

●里親さん決定です。金沢市のKさんです。

お名前は「琥珀」(こはく)ちゃんとなりました。

どうか、終生宜しくお願いいたします!

 ちょっと 臆病な

   キジトラのオスです。

  

生後1ヶ月半くらい。ビビリヤさんですが、馴れれば抱っこもできるようになりますよ!可愛いお目めがチャーミングですね!!

 

ノミ、ダニ、回虫なし。宜しくお願いいたします。

●里親さん決定いたしました!金沢市のNさんです。

どうか宜しくお願いいたします。

 ロン毛の可愛い 2匹兄弟です!

 

ラッキーくん(オス)       チャオくん(オス)

生後2ヶ月。少し臆病な面もありますがロン毛の可愛い仔猫です!

ノミ、ダニ、回虫なし。コクシジュウム(-)です。

●里親さん決定:「チャオ」君=金沢市のTさん命名「るる」ちゃん。

●里親さん決定:「ラッキー」君=加賀市のTさんです。

  ☆皆さんどうか宜しくお願いいたします!!

カレンダー

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ページ