» 2013 » 7月の記事


こんなメールが送られてきました。

『ローマの遺跡の一角に、

エアコン付き地域猫シャルターあり』

羨ましい限りです。

取りあえず添付いたしますね。

殺処分ゼロのイタリア。

行政・NPO・民間団体による地域猫活動が各地で行われています。

法律は進んでいるけれど実際はどうなっているのかな、

との疑問がありました。

地域猫活動がまあまあうまくいっている

トッレ・アルジェンティーナを訪問してきました。


ローマの遺跡の一角に、

エアコン付き地域猫

シェルターあり

猫シェルターで活動する

ボランティアさんたちに

ANJインタビュー


観光客や海外NPOなどの支援を受けて

民間団体が運営している地域猫シェルターが、

ローマの中心部に位置する

トッレ・アルジェンティーナ広場にあります。

ここは共和制ローマの聖域で、

4つの神殿が発掘されています。

写真中央にそびえる6本の円柱は

フォルトゥーナ(幸運)の円形神殿の遺跡。

ユリウス・カエサルの暗殺された

ポンペイウス劇場の場所が近年になって

考古学チームにより特定されたのもここ。

まさに聖域なのです。

そして、ここには数百の野良猫が、

不妊去勢手術を受け、

清掃と給餌給水の世話を受けて暮らしています。

ここは里親捜しの拠点ともなっています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://www.romancats.com/index_eng.php

(英語のサイト)

遺跡を気ままに徘徊する白黒ねこさん。

いにしえの聖域も、野良猫の王国となっています。

人慣れしない猫さんたちはフリーにされていますが、

医療行為の必要なねこさん、譲渡対象のねこさんは、

ワクチン・血液検査・ノミダニ駆除を受けて

室内に暮らし、譲渡を待っています。

1日に7人くらいのボランティアさんが通い、

給餌・給水やお世話、

事務作業などに献身的に働いています。

午前中は清掃

(こちらは有料スタッフが行うそうです)、

午後は観光客対応。

財源は寄付とグッズ販売。

写真の女性が協会の代表者です。

20年前は、野良猫への避妊去勢手術に対する

社会の理解も乏しく、大変苦労しましたが、

いまやもう手術は当たり前になりました。

野良猫を一掃せよ、と警官に命じられたこともあったわ。

でも私は警察にしょっぴかれても、

ここの野良猫たちの命を守ろうと思ったの。

社会も応援してくれたわ。

文明国なら動物愛護の精神は当たり前よ。

地域猫は法律で守られているの。

あなたの国はどう?」


 


 


 


 


 


 


上の写真は7月20日(土曜日)に

私たちと高木(男性)さんと交流会をした時の写真です。

会からは6名参加いたしました。

 


東京都新宿区保健所衛生課の担当者「高木優治」さんといいます。

私たちと高木さんとは以前からお付き合いがありまして、

今回、再びお目にかかれることとなりました。

新宿の方が金沢まで来てくださったのには訳がありまして、

前日の7月19日(金曜日)に石川県薬事衛生課の担当者が

「石川県主催」で金沢市内のホテルにて

『地域ねこ対策について』

と題して高木優治さんを講師に招き研修会を開きました。

これは前代未聞のことでして、

動物病院の先生も

「県がこのような研修会を開いたことは過去に一度も無く、

初めてのことだ」と言っていましたよ。

我が石川県も“猫の殺処分数”を

減らすように動きが出てきましたかね!?

対象者は「福井、石川、富山」の

各自治体の“動物愛護管理担当者”です。

高木さんのお話では、45名くらい来ていたそうです。


●なぜ飼い主のいない猫対策(地域ねこ)

をしなければならないのか。

●なぜ地域で取り組みをするのか。

●なぜ行政がかかわるのか。

●なぜ個人やボランティアだけではだめなのか。

新宿区は平成3年から取り組んでましたよ。

これら行政が関わった結果、平成22年度の

●東京都動物愛護相談センターでの猫の引き取り数は


成猫:12匹  仔猫:17匹。 引き取り数合計30匹。

「引き取り数」であり、「殺処分数」ではありませんよ!

上記22年度:58匹 23年度:53匹は成犬と子犬の数です。


上記平成22年度:29匹は12匹=成猫、17匹=仔猫です。


●金沢市は「殺処分数」が

成猫:38匹  仔猫:304匹。合計342匹。

●石川県は成猫:256匹  仔猫:779匹。合計1,035匹

石川県内の「殺処分数」は合計1,377匹です。

(平成22年度実績)


資料の中にはこんな例も添付されていました。


≪野良猫を増やさないための取り組みを進めています。

東一町会では、新宿区保健所と相談しながら、

野良猫を増やさない取り組みを進めています。

具体的には

①猫が増えないように去勢不妊手術を実施すること。

②えさを与えて清掃をすること(置きえさはしない)

③糞尿の片づけをすること(トイレの設置など)≫

を実施して、地域環境を良くし、

猫のよるトラブルをなくしていこうとするものです。

手術が進めば、捨て猫以外に増えることはありません。

(野良猫の寿命は4~5年)

町内の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

お手伝いができる方は、

下記町会役員か新宿区保健所衛生課までお知らせください。

手術済みの猫は耳をV字カットしています。


更に「パンフレット」もしっかりしてますよ!

などなどしっかりと書かれております。

やっぱり進んでいる処は違いますね!!


上記資料は石川県の研修会に参加された自治体の

皆さんも貰ってます。私も頂きましたよ。

石川県内の各自治体関係者は

どこまで「理解」が出来て、

どこまでの「行動力」ができますか、


これからが楽しみですね!!

全てが実績として残っていきます。

どこから手をつけていけば良いのか、

どうすれば良いのか分かったはずですよね!


で・・なければ研修会の費用は私たちの税金ですものね。

 


 


 


 


 


 



生後1ヶ月半すぎ・・・

とても良く遊びますよ!!

これ・・この通り・・・「ニャに見てるのよ」

ひとしきり遊んで、少し休み・・・・
ちょっと遊んであげると「もっと遊んで~~」
相手をしてると面白いです。時間を忘れますね!!

なかなか、活発な御嬢さんで・・・でも、健康が一番ですよね!!
毛並も綺麗に揃い始めましたね!!

おっと・・「ぷくちゃん」にもアピールせねば・・・

この、お嬢様もお忘れなくね!!






2匹は姉妹ではありませんが、
同日くらいに保護されました。
黒白のちょっとぽっちゃりした女の子。

少しロン毛です。仮名:ぷくちゃん。

ぽっちゃり・・ぷくぷくで仮名:ぷくちゃんです。

顎の「丸い黒の模様」に特徴ありますよね!
チャームポイントです。

三毛猫のみぃちゃんは
まだ体重は560gで1ヶ月半です。

これから体重も増え、毛並もきれいに生えてきますよ。

美形の三毛猫となりますね!!

元気に遊び周りますよ!!人馴れは十分です。
初めての方にも抱っこされます。仮名:みぃちゃんです。
2匹とも女の子可愛いですよ!!

元気に遊び回る
「動画」をご覧になってお分かりになりますよね!!










黒白の女の子:ぷくちゃん 三毛猫女の子:みぃちゃん
◎ぷくちゃんは少しロン毛。おっとりして控えめ!?
◎みぃちゃんは遊び上手で、元気はつらつ!!
ぷくちゃん=生後2か月すぎ。みぃちゃん=生後1ヶ月半。

2匹とも、ノミ、ダニ、耳ダニ、回虫なし。エイズ白血病(-)
ワクチン1回済みました。
終生家族として可愛がってくださるご家族を探しています。
●三毛猫里親さん決定!=金沢市のHさんです。

●ぷくちゃん里親さん決定!=金沢市のKさんです。

 



遊ぶのが大好き!とっても上手に遊びますよ!!
黒猫ですが、耳の後ろから首にかけて焦げ茶色があるため
「おこげちゃん」と呼ばれてます。
生後3か月。元気な男の仔です。

ノミ、ダニ、耳ダニ、回虫なし。ワクチン1回済み。
終生可愛がってくださるご家族を希望いたします。
どうか、幸せにしてください!!

●里親さん決定!=能美市のOさんです!
お名前はそのまま「おこげちゃん」となりましたよ!!


6月12日ごろに金沢市内の、
あるお店やさんに箱に入れられ捨てられていました。

鼻炎でお目めは結膜炎だったとか。
店長さんは市内の動物病院に連れて行き現在入院中です。
症状はもう改善しています。



保護主は里親探しを強く希望され
見つからないときは保健所へ、との話を聞いています。

昨日(7月2日)写真と動画を撮りに
動物病院さんにいきました。とても元気で可愛い仔猫です。


病院では、仮名「おこげちゃん」と呼ばれています。
黒猫ですが、耳の後ろから首にかけて
焦げ茶色があるからです!




初めて見る私でも抱っこができるほど
人馴れしています。
抱っこすると少し緊張するのか、震えていました。
ここの動物病院さんに来るまでの間の怖かった
怯えもあるのでしょう!




とにかく、見放さないでほしい!生きていていたい!
愛されたい!「動画」をご覧になってもお分かりのように
とても元気で、遊び上手な仔猫なんです。

どんな理由があつても、
この仔の命を絶つことは許されないのではないでしょうか?


優しい里親さんからのご連絡を待っています。
幸せにしていただけるご家族を探しております。

仮名「おこげちゃん」
男の仔。生後3か月。ノミ、ダニ、耳ダニ、回虫なし。
ワクチンも1回すみました。

どうぞ、宜しくお願いいたします。





7月2日(火)に一本の電話がかかりました。
福岡県の若い女の子からで、
7月6日と7日に「学園祭」があり、
その収益金の一部を『玉桜基金』に寄付をしたい
との申し込みでした。びっくりいたしましたよ!!


いきなりのお話でしたので、
「わざわざ金沢の団体に寄付しなくても福岡県にも
こんな団体が沢山あるでしょうに、
どうして私たちの団体なのですか?」
とお聞きいたしました。

若い女の子のお名前はKさんと言いまして、
Kさん曰く「そちらの団体の避妊去勢手術をすることに、
自分たちの考えも同じだから」とのことです。

そして、『玉桜基金』のチラシをプリントアウトして、
当日貼っても良いか?とも言われました。
私たちのHPに若いKさんたちが興味をもってくれた!
それだけだけでとても嬉しいのに
寄付のことまで考えている。
Kさんたちの申し出を快く受け入れさせていただきました。


「玉桜基金」のチラシもポストカードも
私たちのスタッフの手づくりですよ!
とのお話もさせていただき、
『玉桜基金』のポストカード100枚を


●表面は絵の部分です。
●裏面は趣旨・目的等を書いてあります。

“専門学校福岡ビジョナリーアーツ”まで
直ぐにお贈りさせていただきましたよ!


お気持ちだけで、お心だけで感謝です!!
若い人たちが
動物たちに関心を持ってくださるだけで嬉しいです!!
こちらの専門学校には
製菓・カフェ・ペット・ウェデング」などがあり
“楽しい生活のための学校”と謳われております

http://shingaku.mynavi.jp/gakkou/2550/









カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページ